五月人形は誰が買う?買う人はどちらの親?買うまでの円満な流れ

五月人形は誰が買う 子や孫

赤ちゃんの初節句飾る五月人形!
一体どちらの親が買うものなのか調べてみました。

五月人形は誰が買う?どちらの親?

昔は、お宮参りとかお食い初めの食器とか七五三の晴れ着なども同様、母方の両親が購入するもの。

男性の家に嫁いだ娘と孫を見るという口実で、いろいろなものをしつらえて、会いに行くようになったそうです。

しかし時が経ち、江戸時代ころになると

「父方の実家」から送られるようになりました。これは、家を継ぐ者ができた!ということで男系である父方が祝うということですね。

よく調べてみると

関東だと父方の両親が五月人形を購入するようです。

関西だと母方の両親が五月人形を購入。

私の息子は私の両親が買ってくれましたから、母方が五月人形を購入するものだと思っていました。

地域で違うようなので、自分の家はどうなのかをよく聞いてみると良いでしょう。

買うまでの円満な流れ(個人的な考え)

どちらに買っていただくかはわからなければ、自分たちの親に聞くと良いと思います。

妻は自分の両親に相談し

主人は自分の両親に相談するのです。

双方のご両親の仲が良ければ、ご両親たちで話し合われるでしょう。

親しい関係でなければ、親に聞いたことを相手方のご両親に伝えれば良いのです。

妻の意見は、主人を通してご主人の両親に。

夫の意見は、妻を通して妻の両親に。

その時は自分たちの意見も伝えましょう。買っていただくのですから、長く大切に飾ることができる物がいいですよね。

買う人が決まれば店舗に見に行ったり、ネットで探したりします。

実際に「ピン!」とくる人形と出会いたければ、ご両親と店舗に出かけるのが良いでしょう。

広く見たいと思うなら一緒にネットで探すのもありだと思いますが、候補が大変なので、あらかじめ数点を選んでおきましょう。
5~6点くらいに絞った中から選んで頂くなら、みんなの意見が反映されます。

こうやってみんなで仲良く決めていくことが、生まれたこどもにも幸せをもたらすのです。

ネットだと良くないイメージがある私でしたが、昔テレビで宣伝していた高級な五月人形も、今はネットで購入することができます。

五月人形の久月

たとえば五月人形といえば久月。「♪人形の久月~♪」というCMがありましたが、ネットでも購入できちゃうのでした。

Amazonだと
人形の久月

楽天だと
五月人形 久月

五月人形の岩槻

五月人形の岩槻もとっても有名です。

Amazonだと
人形の岩槻

楽天だと
人形の岩槻

店舗と同じ商品が安く購入できるのはうれしいことです。

一生に一度の買い物ですから、店舗に行ったり、ネットを見たりして、納得の行くものを買いたいですね。応援しています。
買う五月人形が決まった日などはお祝いごととして、一緒にお食事するなど温かい心遣いが喜ばれます。

コメント