宅配食!こんな人におすすめしたい!宅配食品のメリットとデメリット

宅配食 宅食

宅配食事(以後、宅食と表記)を食事の候補として考え出した理由は次の3点からでした。

・母が限界集落に住んでおり、買い出しが困難になってきた。
・私はフルタイムの仕事をもっており、調理時間が惜しいと感じている。
・自分や家族が高血圧で悩んでおり、減塩の食事が理想であるが、美味しくできない。

悩んでいた時に宅配という手段があることを知ったので宅配食について調べてみることにしました。
まずは宅配食のメリットを紹介します。つぎのような人にはとてもおすすめです。

宅配食!こんな人におすすめしたい!メリットはこれ!

家族(自分を含める)の食事で栄養管理できていない人

宅配食は栄養管理面で安心

偏食気味の主婦は宅配食がおすすめです。
なかなか栄養管理ができないから。
どうしても自分や家族が好きな料理を作ってしまいます。
揚げ物が大好きで、野菜料理を作ることが苦手なら、自然と毎日の食卓は不健康になっていきます。

栄養も偏りがちになるのは当然です。
バランスの良いメニューを考えるのが苦手な人は宅配食がある方が安心です。
宅配食の他に1~2品追加するだけで栄養管理だけでなく、好みの夕食にすることができます。
実際、宅配食は栄養管理士が栄養をチェックしているところが殆どと言って良いでしょう!

またスーパーの食材よりも安全なものを使って料理している宅配食が多く、安心して毎日の食事ができることが嬉しいです。

ダイエットや減塩、糖質制限したいのにうまく料理できていない人

宅配食はいろいろな種類がある

娘さんがダイエットをする時
お父さんが高血圧で減塩メニューが必要な時
お母さんが糖質制限ダイエットをしようとした時

本を買ったり
ネットで調べたりしてそれらに合ったメニューを考えます。
でもこれって長続きさせるのは大変です。
ストレスがかかります。
でも別メニューで宅配食を注文すれば大丈夫。
楽なので長続きします。

宅配食だと、ダイエットのための食事、糖質制限のための食事、筋肉を増やしたい人のための食事、塩分カットの食事など、たくさんのメニューから選ぶことができます。
あれこれ悩まなくても
塩分カットの宅配食と糖質制限食を注文すればいいのです。
宅配食の料理の種類は結構あります。

時間をお金に換算すると合理的だと思う人(働いている人)

料理する時間でできること

これは私が一番思うこと!
人生の限りある時間を有効に使うことができるということ!
まるで料理をしている時間が無駄と言っている?ちがいます。

時間を短縮できるということなんです。
我が家では宅配食だけで食事をすることはまずありません。なんだか貧しい気持ちになるから。
でも宅配食があると食卓が彩る。
そこに果物を向いた器ともう一品置くだけで、あっという間に食事が出来合いのものではなくなります。
それだけの努力だけで見劣りしない食卓になるし時間も浮きます。
私は働いているので時間が大切です。
でも出来合いのものを並べるだけではなんだか嫌なので料理を追加しますが、はじめから手の混んだ宅配食レベルの夕食にしようとすると1時間以上かかるので、そんな無駄な時間を使うくらいなら家族で楽しく食事をしたり、おしゃべりをしたりしたいのです。
私は帰ってきてから夕食を作る時、疲れているのもありましたが
「家族からねぎらいの言葉がほしい」
など心のどこかでちょっとした不満を持っていたのですが、宅配食を食べている時は感謝の言葉しかありません。
作ってもらう側の気持ちで食事をする時は
「ありがたい」
の感謝しかありませんよね。
心の余裕がある時は一品余分に作ったりできます。

毎日の食事に一品加えて健康で豊かな食事を演出したい人

私は田舎育ちなので料理を作りすぎてしまうことがあります。
次の食事にも同じ料理が出る時は、その料理はもう「古い」のです。
でも宅配食は3品くらいなので、私の料理も枯れ木の山の賑わいです。
ちょっとアレンジして出しても、今までなら
「あ、これ朝起されたやつでしょ?」
といわれていたのですが、「私の料理」なのでみんな無言で食べてくれます。
もちろん宅配食は考えられた料理なので、ほぼ残ることはありません。

同居していない両親の見守りを兼ねて欲しい人

おばあさんも安心!宅配食

宅配業者さんは手渡しで宅配食を渡します。
同居していない高齢者が宅配食を注文すれば見守りをしてもらっているのと同じです。
よくヤクルトレディは見守りをしてくれるといわれていますが同じです。

お弁当だと本当にありがたい!
ちなみにうちの実家の母は冷蔵の宅配食を注文できる場所にいないのでヨーグルトの宅配をお願いしていますが、余るので時々私がもらいます・・・・
ご飯だと毎日食べられるのにね。
親戚の叔母は宅配食が食べ切れなくて、宅配食を2食に分けて食べている。90過ぎているのでたくさん食べられないんだけど。
わたしたちなら1回でぺろりと食べちゃうんですが・・・・・
その祖母は、朝は自分で味噌汁を作らないと嫌だと言うのでそうしていますが、その他は作らなくてもいいので、残飯も出ないし、楽だと言っています!

老人食など別に作ることが大変だと感じる人

車椅子の老人も安心食

あかちゃんや老人は家族みんなと違った食事内容になることが多いですよね。
消化器官に負担をかけないように柔らかく煮込んだり細かくしたりとひと手間必要なことが多いです。
そんなことが煩わしいと感じる人は忙しい人。
決して愛情がないわけではありません!
人間の一日は24時間と、誰もが同じ時間を与えられています。
その時間を有効に使うための賢い手段だと思います。

車に乗ることができない両親が離れたところにいる人

車に乗ることができない高齢者にとってありがたいのが宅配食。
玄関で受け取るだけで、一日安心です。
車に乗ることができれば、近くのコンビニやドラッグストアに行けるのですが
車の運転ができない高齢者にとっては、とても心強いですね。

宅配食品のデメリットは?

配達エリアか調べる必要がある

好みの宅配食を見つけても
配達してくれないところがあります。
実際 実家は500mほど離れた場所までが配達可能地域でした。。。。
そんな場合は「交渉次第」だと思います。
しかし2km以上離れてしまうと難しいと感じます。

主婦の労働時間を考えないと割高に感じる

スーパーで買うよりも当然高いです。
主婦の労働時間を考えない人だと「高い」と感じる価格です。
しかし
栄養も管理されているし
食材も吟味されているから。
何よりも作る時間がかかっています。(逆に時間をかけて作られたものが届きます。)

商品を選び、洗い、包丁で切り、加熱する手間がなくなるぶんだけ高くなります。

自分の労働時間を考えて支払う価値があるのか?妥当な価格なのか?
そのあたりが決断ポイントです。

注文したらすぐ配達されるわけではない

食べたくなったら即注文して、すぐに料理が来るわけではありません。
出前や宅配ピザなどと同じではありません。
平均1週間くらい時間がかかります。

宅配食が向いている人・向いていない人

宅配食が向いている人

・料理する時間を少なくしたい。時間はお金であると理解している人。
・高齢者・妊婦さんが家族にいる人
・高齢者が遠くにいる人
・バランスの良い栄養を取りたい人
・ダイエットや減塩など目的がある人
・スーパーより安心した食材で食事したい人

宅配食が向いていない人

・料理が得意な人
・手作りしたい人
・食費を安くしたい人

まとめ

宅配食はとても消費者のために考えられた食事だと思います。

忙しい働く主婦にとって、上手に活用すれば手軽で栄養バランスのとれた食事ができるんですね。
高齢者や妊婦さん、ダイエットしている人など目的別の宅配食もあることはうれしいですね。
離れた両親なんかも見届け役の配達も兼ねて食事が配達されるのは安心です。
ただ配達地域が限定されていたりする地方もあることがわかりました。

コメント